ぶんげいブログ@津山高専文芸部

活動・オススメの本など 部員たちの様子を記すブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 八鍬慎吾です。某ブログの方で1年生のリレーブログがはじまりなんか初々しい記事ラッシュとなっています。年寄りの私は少々居づらい空間となってしまったので,こちらの方で某ブログではなかなか書くことのできないような「コラム」と称した何かしらの記事でも書こうかと思います。タイトルに不定期が入っているのは,月に1回ぐらいのペースでかければいいなと思っているからですが,もしかしたら今回で最終回かもしれないからです。

 早速ですが,今回のお題です。


column-1.jpg



 今月6日に,はこだて未来大学で星新一の人工知能を作るプロジェクトが開始されたというニュースがありました。文系の部活に入っている理系の高専生にとしてちょっと興味をひくような内容だったのでここで話したいと思います。
 私自身星新一のショートショートは中学生の頃図書館で少しだけ読んだことがあるのですが,あの独特の文章は読むものを惹きつけるものがあります。それで,今回の人工知能はその『独特の文章』が「解析して学習させることができるのではないか?」ということですね。
 僕は人工知能みたいな難しい話は苦手なのですが,これは結構面白そうだなと思いました。というかこの試み自体が星新一のSSにありそうで,心躍らせる出来事です。
 自分は密かに人工知能が「人工知能に文章を書かせる」というSSを書くというハプニング的なものを期待しています。
 とはいえ,学習には時間がかかりそうですし,おそらく当分の間は支離滅裂な文章を出力しそうですが,できたらぜひ読んでみたいです。

…あとふと思ったのだけど人工知能が書いた文章の著作権は何処にいくのでしょう?クリエイティブ・コモンズ

まぁそんなわけで八鍬でした。




八鍬コラム1-1
八鍬コラム1-2

スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。